2020新作モデル (Hybr) Relentless -モダンブルース

Amazonレビュー

ニュー?ジャージー生まれのカリフォルニアっ子、ウォルター?トラウトは、すでにヨーロッパでギター?スターとしての地位を確立している。本作『Relentless』は、その事実をフルに生かした内容だ。熱気あふれるアムステルダムのオーディエンスの前で、オリジナル?チューンのライヴ?セッションがさく裂する。

トラウトはアルバム?タイトルが示すとおりの頑固(Relentless)なギタリストであり、アグレッシヴでエネルギッシュなスタイルが身上だ。トラウトの7作目のアルバムとなる本作では、彼およびバッキングを務める3人組、ザ?ラジカルズが堂々たるブルース?ロックを展開。必ずしもセンセーショナルではないが、いつもながらの手堅い演奏で、“ロック”の部分に重点が置かれている。トラウトは“ブルース”の方にも正統性を持たせようと、ジョン?リー?フッカー、キャンド?ヒート、ジョン?メイオールと共演しているが、彼一流のハードでヘヴィなサウンドは、ロック?ギタリスト的なショーマンシップに根ざすものと言えるだろう。

幸いにしてリスナーの興味をつなぎ止めるに足るフレーズは出てくるものの、全体的にあまりにも盛り上がりが激しすぎる。アルバムの最後を飾る「Mercy」などは明らかにやりすぎで、ブルースをベースにした音楽とはとても思えない。トラウトはわずかの間ペースをゆるめ、短いアコースティック?チューン「Lonely Tonight」を挿入しているが、世の圧倒的多数の人間から見れば彼の音楽はラウドで強烈であり、ブルーな要素とはおよそ無縁なのだ。(Michael Point, Amazon.com)

2020新作モデル (Hybr) Relentless -モダンブルース

2020新作モデル (Hybr) Relentless -モダンブルース

2020新作モデル                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            (Hybr) Relentless                                                                                                                                                                    -モダンブルース

TEL/FAX
Tipitina: Complete 1949-1957 New Orleans インポート B0013KS71U
定休日
年末年始(12/29~1/2)
交通アクセス
Knowing the Right Question to [12 inch Analog] インポート B00HW4MWI0
その他
The Beatles (Long Card Box With Bonus DVD)
Sechs Overtueren インポート B000024QSE