Xaphoonについて
ポケットサックスXaphoonは、サキソホーンでもクラリネットでも全く新しい楽器です。
そのサイズからは想像できないぐらい、サキソホーンやクラリネットに負けない重厚で豊かな音が出せ、
しかも小さくて軽いので持ち運びがとても簡単です。

いつでもどこでも気軽に演奏を楽しんでいただけるようデザインされていますので、初心者は勿論のこと、
上級者にも気の向くままに演奏を楽しんでいただける理想的な楽器です。

テナーサックスのリードを使うことで、表現力豊かに2オクターブの音域を驚くほど自在に演奏できます。
上級者になるとサキソホーンのような物悲しい叫びや、つぶやきをリードのバイブレーションで表現できます。
初心者の方もXaphoon自体で十分楽しんでいただけますし、本格的リード楽器への挑戦にまずこのXaphoonからご利用いただくのもいいでしょう。

お買い得なケース付きセット。
リードについて
Xaphoonは、たいていの楽器店で販売されているテナーサックスの標準リードを採用しています
標準仕様にはリコー2.5のリードが装着されており、一般向けとなっています。

熟練したジャズ演奏者だとすると、より強い音を出すためにもっと硬めの3か4のリードを必要とします。
リコーダーに慣れてしまっている人にはもっと柔らかな1.5や2のほうが音が出しやすいです
メンテナンスについて
PocketSAXはクラリネットやオーボエと同じ高級材料を使用して製造されています。
原則としてメンテナンスフリーです。

ご利用者の中には、使用後いつも管の内側を拭くという方もいらっしゃいますが、見た目をあまり気にしない方にとっては、何もしなくて大丈夫です
指の使い方について
左手の五本の指はすべて使い、上の5つのトーンホールを担当します
右手の4本の指が下のほうのトーンホールを受け持ちます

力を込めすぎず、穴全体を塞いでいることが感じられる程度であれば良いです。
Xaphoon構造
Pocket Sax はわずか4つの部品で構成されています。
本体/テナーサックスリード/リガチャー/マウスピースカバーの4つです。

Pocket Sax を手にとり横から眺めて見ると、
リードの先端とマウスピースの間にはわずかな隙間があることが確認できると思います。
この隙間があるので、息を吹き込むとリードが振動して音が出るのです。
リードがマウスピース側に振動してマウスピースに空気が流れ込むのを遮断します。
そして反動で反対側に振動すると空気が流れ込みます。

この開閉が1秒間に440回繰り返されると、
Pocket Sax は音階の「ラ」に相当する音を作り出します。
リードの振動数により音程を作り出す、これがリード楽器全般の基本的な仕組みです。
従って、リードが自由に振動できるよう十分に奥深くマウスピースが口の中に入れられ、
かつ唇や歯、舌などに触れないこと、
かといって低音のコントロールができないほど深過ぎないことがとても重要なのです。
Specification
全長:32センチ
最大直径:約3センチ
重さ:200グラム程度
キー:C
素材:ABSプラスチック製
音域:2オクターブ(+α)
指穴:9ホール
付属品:キャップ、ケース、運指表や吹き方等の添付書(本体に付属しているリード1枚、リガチャー)
!

【代引き不可】 Xaphoon STORE】 (Gold)《ポケットサックス》【お得なケース付きセット】【送料無料】【正規輸入品】(ご予約受付中)【ONLINE PocketSAX-その他

コ」ニ 車検について 2016/10/16 09:06:02

閲覧する

【代引き不可】 Xaphoon STORE】 (Gold)《ポケットサックス》【お得なケース付きセット】【送料無料】【正規輸入品】(ご予約受付中)【ONLINE PocketSAX-その他